リフレクソロジー資格の難易度と受験条件

リフレクソロジー資格の難易度と受験条件

試験の難易度

リフレクソロジー資格の難易度と受験条件

 

 

リフレクソロジーの資格を
独学で取得するのは困難です。

 

 

リフレクソロジーには幾つかの流派があり、
常に効果的な施術法を求めて
発展し続ける民間療法の性質を
持っているからです。

 

 

そのため、長期にわたって
独学で一から知識をまとめるよりも、
通信講座や専門学校などで
体系的に学ぶ方が
はるかに近道となります。

 

 

資格の難易度に関しては
それほど高くはありません。

 

 

資格を提供している
ほとんどの協会や団体で、
資格取得率が9割を超えるか
超えないかという割合であるため、
しっかりと学習した方には
それほど難しくないハードルだと言えます。

 

 

平均値で言えば
9割前後の合格率であるものの、
日本ヒーリングリラクゼーション協会では
80パーセント強、
日本リフレクソロジー協会では
100パーセントとなっているため、
どの資格を選ぶか、どの資格に向けて学習するか
によっても難易度が変わってきます。

 

 

おすすめの通信講座はこれ!

以上のように、講座やスクールで
しっかりと学習していれば
習得するのはさほど難しくないのが
リフレクソロジー資格です。

 

 

そこで、当サイトでは
2つの通信講座をおすすめしています。

 

 

諒設計アーキテクトラーニングが提供している
リフレクソロジーjpW資格取得講座」と、
SARAスクールジャパンが提供している
リフレクソロジー資格取得講座」です。

 

 

どちらも、
日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催する
「リフレクソロジーjp」と、
日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する
「リフレクソロジスト」の
2資格の取得を目指します。

 

 

1つの講座で2つの資格を
取得するカリキュラムであるため、
より効率的な学習や資格取得が
可能となっています。

 

 

資格試験の受験条件は特になし

リフレクソロジー資格の受験条件は
特にありません。

 

 

資格を発行する各協会や
団体のサイトをチェックしてみると、
すべてが「20歳以上」とだけ記載しています。

 

 

年齢制限以外の条件は基本的にありません。

 

 

そのため、リフレクソロジーについて
しっかり学習し、一定の知識と技法を
身に付けている方であれば、
誰でも試験に挑戦することが可能です。

 

 

これには専門学校やスクールで
一から学習したり、
通信講座で学ぶなどの方法が最善でしょう。

 

 

特に、前述の
諒設計アーキテクトラーニングと
SARAスクールジャパンの通信講座であれば、
試験免除で資格取得に至る特典の付いた
講座もあるため、さらに効率的な学習が可能です。

 

 

まずは資料請求などで、
ご自分の目的に合う資格かどうか
見てみることをおすすめします。

page top