リフレクソロジー資格は履歴書に書ける?

リフレクソロジー資格は履歴書に書ける?

リフレクソロジーは履歴書に書くべき

リフレクソロジー資格は履歴書に書ける?

 

 

リフレクソロジーの資格を取得したとすれば、
もちろん履歴書に書くべきでしょう。

 

 

リラクゼーション業界では主流の健康法であり、
解剖学や医学に関する
ある程度の知識を有してもいるからです。

 

 

履歴書に書くことで
民間資格を取得したことを
アピールできることになるため、
エネルギーや時間を学習のために
費やしてきたことを証明することにもなります。

 

 

ここ日本では、リフレクソロジーは
国家資格ではありません。

 

 

そのため資格の取得も比較的容易で、
各種通信講座や専門学校のカリキュラムを
通して学習を進めていきます。

 

 

各講座や課程の最終段階として
試験を受けるものがほとんどで、
最初から資格の取得を目指したものであれば、
効率よく学習に取り組むことが出来るでしょう。

 

 

仕事にするうえでの注意点

リフレクソロジーの資格を仕事に生かすうえで、
注意しなければならないポイントが
いくつかあります。

 

 

ここ日本では、マッサージを提供するには
国家資格が必要です。

 

 

リフレクソロジーの資格があれば
マッサージ出来るのではないかと思う方も
いらっしゃるかもしれませんが、
マッサージと名乗り、
実際にマッサージを施術できるのは、
「指圧師」「柔道整復師」「はり灸師」などの
国家資格を持つ人のみとなっています。

 

 

これらいずれかの資格を持っていない場合、
マッサージを施術することも
看板や広告にマッサージと書くことも
禁止されています。

 

 

この限定された意味でのマッサージとは、
厚生労働省が定める
体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為
のことです。

 

 

この点でリフレクソロジーは
“トリートメント”や
“リラクゼーション”に
当たります。

 

 

実際の施術内容に関しても、
体重をかけるというよりは
撫でるような動作が
ほとんどであるためです。

 

 

リフレクソロジーは足つぼとは違う

では、リフレクソロジーは
どんな健康法に分類されるのでしょうか?

 

 

一言で言えば、前述のように
トリートメント系の健康法
ということになりますが、
言わば外国製足つぼトリートメント
というのが正解でしょう。

 

 

ご存知のように、
足つぼは力を入れてツボを刺激します。

 

 

健康に影響を与える箇所を
「点」で捉えているのが大きな特徴です。

 

 

これに対し、リフレクソロジーは「面」で
対応箇所を捉え、施術の際も
この面を刺激するトリートメントとなります。

 

 

一見同じように見える
足つぼとリフレクソロジーですが、
実は施術方法には大きな違いがあるのです。

 

 

以上のように、リフレクソロジー資格は
履歴書に書いてアピールすべき有用な資格ですが、
日本ではあん摩マッサージ指圧師法による
規制があるため、仕事の形態や許可に
注意が必要です。

page top