リフレクソロジー資格が役立つ職業は?

リフレクソロジー資格が役立つ職業は?

リフレクソロジスト

リフレクソロジー資格が役立つ職業は?

 

 

リフレクソロジーの資格を生かせるのは、
当然「リフレクソロジスト」でしょう。

 

 

リフレクソロジーの施術を行う専門家で、
お客様の身体を扱う責任のある仕事です。

 

 

日本においては、良くも悪くも
リフレクソロジーは法的に
管理されている訳ではないため、
厳密には資格が無くても
リフレクソロジストになることが可能です。

 

 

しかし、当然リフレクソロジーに関する
知識や施術法を身に付けていることが
求められるため、リフレクソロジーの資格を
持っていてしかるべきです。

 

 

一部の店舗では有資格者かどうかを
問わないところもあるようで、
まずは経験を積みたいという方でも
始められる可能性もあります。

 

 

いずれにしても、リフレクソロジーの資格を
取得したのであればぜひ
リフレクソロジストになることを
目指してみましょう。

 

探求心とコミュニケーション能力も大切

リフレクソロジストになるのに、
非常に高度な体力や腕力は必要ありません。

 

 

ヨガやアクロバティックなマッサージ、
さらには足つぼとも違い、
あまり力を必要としない
トリートメントであるためです。

 

 

手先の器用さやリラクゼーションにおける
解剖学的な知識が求められるものの、
施術に慣れれば非常に楽しい職業です。

 

 

リフレクソロジーは民間療法であり、
こういったものは常に世界各地で
成長しながら発展する性質があります。

 

 

そのため、リフレクソロジーに関して
最新の施術方法や理論を学び、
一つの分野で探求していける方は
リフレクソロジーに向いていると言えます。

 

 

加えて、会話やサービスで
お客様をリラックスさせるのも
仕事内容の一つです。

 

 

そのためある程度のコミュニケーション能力や
人当たりの良さ、おもてなしの心といった
能力も求められます。

 

 

リフレクソロジー資格を生かす主な職場

「リフレクソロジスト」「リフレクソロジー 求人」
で検索すると、意外にも多くの求人が
出ていることが見て取れます。

 

 

首都圏や大都市近郊では特に求人が多く、
ざっと見るだけでも
2,000件以上の職場で募集されています。

 

 

リフレクソロジー資格を持っていて働ける職場は、
リフレクソロジーサロン、整体院や一部の接骨院、
リラクゼーションや美容トリートメントを
総合的に提供するような大型サロン、
エステクラブ、スポーツ後のメンテナンスや
クールダウンという位置づけでの
スポーツジムやフィットネスクラブ、
同じくリラクゼーションの提供での
温泉施設やホテルなどが挙げられます。

 

 

幾つか複数の資格を取得することで、
さらに複合的な技術を身に付けていることを
アピールするのも良いでしょう。

page top