リフレクソロジーjp資格(JAAMP)

リフレクソロジーjp資格(JAAMP)

リフレクソロジーjpとは

リフレクソロジーjp資格(JAAMP)

 

 

リフレクソロジーjpは、
日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)
が提供している民間資格です。

 

 

「反射学」「反射療法」とも呼ばれる
リフレクソロジーに関して、
基本的な知識から実際の施術に関する知識について
充分に身に付けていることを証明する資格です。

 

 

リフレクソロジーjpの有資格者は、
リフレクソロジーの健康に関する理論を
理解していなければなりません。

 

 

リフレクソロジーは、
アメリカ生まれの民間療法です。

 

 

ここ日本では、あん摩マッサージ指圧師法により
営業には幾つかの規制があるものの、
発祥の地アメリカやより発展を遂げたイギリスでは、
確かに効果のある民間療法として扱われています。

 

 

本来は手術中の患者の
緩和ケアとして生まれたのが
リフレクソロジーです。

 

 

その精神を受け継ぎ、
施術にはリラックス効果や
機能回復効果を目指す狙いがあります。

 

 

国ごとの違いと施術法

リフレクソロジーは国によって
幾分異なる特徴を身に付けながら発展してきました。

 

 

リフレクソロジーjpは
その国ごとの違いを学んでおり、
それらを取り入れながら
日本で最適な施術を行う知識を有しています。

 

 

例えば、英国式と呼ばれる
最も主流のリフレクソロジーは、
リラクゼーションを最大の目的として
施術されます。

 

 

施術は撫でるようなトリートメントで、
痛みを感じるような施術は行いません。

 

 

これに対し、台湾式や中国式
と呼ばれるリフレクソロジーは痛みを伴います。

 

 

痛みは体調不良を表すという概念に基づき、
痛みをはっきりと感じる施術を行います。

 

 

資格では東洋医学の基礎や
基本的な考え方も学びますが、
リフレクソロジーjpは
それらを踏まえたうえで、
日本人の好みに合う施術、
さらにはお客様一人一人が好む施術を行う
応用力を身に付けていることを示します。

 

 

施術の解剖学的な理解

リフレクソロジーjpの資格が証明するのは、
気血水や弁証論治、未病、経路、正気、邪気
といった東洋医学の考え方のみならず、
古代中国の医学である中医学の考え方や、
インドやタイの健康法、陰陽平衡理論
などの知識を有していることまでも及びます。

 

 

リフレクソロジーに話を戻すと、
リフレクソロジーの施術が与える効果を
さらに詳しく学びます。

 

 

身体の症状に応じて
どのような状態であるか、
どの施術が必要か、
どのような反応を示すかを知ることで、
より繊細で個別に対応できる
施術を行う技術を身に付けます。

 

 

この資格はリフレクソロジストになるのに役立ち、
リフレクソロジーサロンや
リラクゼーションサロンで活躍する際に
必要となるでしょう。

 

 

リフレクソロジーjp資格

page top