リフレクソロジー資格の詳細まとめ

リフレクソロジー資格の基本と常識

 

 

リフレクソロジーは、医学的な根拠はないものの
セルフケアの一つとして、
リフレッシュやリラックスを目的に
行うものという認識が近年の常識です。

 

 

あん摩マッサージ師、はり師、きゅう師といった
国家資格を持つ人が行う施術とは全く別物で、
足の裏の反射区への刺激で、
さまざまな部位に良い影響を起こさせるという
考えのもと行われています。

 

 

ときには中国四千年の歴史のある
足裏マッサージのようなものと混同されますが、
これにも医学的な根拠はなく、
民間医療、リフレッシュ目的のものとして
行うことになります。

 

 

最もよく知られているのは
足の裏にある土踏まずを押してほぐす方法で、
この部位をほぐすと、ふくらはぎのむくみ軽減に
多小なり効果がある気がするという人は意外に多いです。

 

 

これが医学的には
足の緊張をほぐす役目はあると認められますが、
足の裏を刺激して内蔵系の問題解決や
腰痛改善までできるというようなことはなく、
足のむくみ解消やリフレッシュのために
応用するのが良いでしょう。

 

 

足裏マッサージを自分でやりたい方向けには
リフレクソロジー資格はまさにちょうどよい資格で、
学習すれば正しいリフレクソロジーの知識と
法律に抵触しない施術の範囲を知って
ビジネスに生かすこともできるはずです。

 

 

リフレクソロジーでできること

 

 

リフレクソロジーでは
足の裏への刺激を通して
体の疲れを少しでも癒す事ができます。

 

 

たくさん歩いたあとや、温泉などで
足の裏の代謝を高めると
なんとなくでもスッキリしたような感覚になって、
足取りが軽くなったように感じることはあります。

 

 

これは代謝されにくい
足の裏に溜まってしまう疲労物質や
老廃物を積極的に流すためで、
足の裏の血流、血行が促進されれば
体の他の部位にも
多少なり影響があるのは当然といえば当然です。

 

 

特に足首にある大きい血管から
末端に向かう部分などで
血流が改善されれば、
ふくらはぎ、ふともものむくみ解消にも
役立ってくれるでしょう。

 

 

このリフレクソロジーの効果が
確実にあるわけではないですが、
代謝が上がるように
足の裏をほぐしておけば、
血流改善への作用はあるでしょう。

 

 

あん摩マッサージ指圧師でも
足の裏を刺激して行う施術はあるため、
リフレクソロジーでは、その簡易版として
個人で挑戦できれば十分です。

 

 

家族やパートナーにリフレクソロジーをするときも、
簡易的なリラックス、リフレッシュのためと考えて行うのがよくて、
リフレクソロジーだけで
体の各部の異常まで治るとは思わないようにしてください。

 

 

あくまで体の悪い部位を見つけたり、
少しリフレッシュしたりするのに
生かせるくらいなので、
過信はせず、賢く程よく生かしていきましょう。

 

 

自分を癒すためのリフレクソロジー

 

 

自分の疲れや蓄積した疲労、
いくら寝ても疲れが抜けないと感じている方は、
体の末端の疲労を抜く事も考えてみると良いでしょう。

 

 

体内で発生する老廃物や疲労物質を
全身しっかりと代謝できていない状態で、
日々の仕事でさらに疲れが溜まっていくと、
代謝がどうしても落ちる体の末端、
指先や足裏などに老廃物が残ります。

 

 

確実に老廃物が抜けていない状態のまま
末端部分を放置すると、
その末端の老廃物は時間をかけて
少しずつ代謝されるため、
結果的に常に老廃物が体の中にある状態が
できてしまいます。

 

なんとなく続く疲労感の要因は他にもありますが、
体の代謝がうまくいっていない可能性は十分あるので、
リフレクソロジーを試して
足の裏の老廃物をしっかり流してしまいましょう。

 

 

もちろん、お風呂でやったり、
食事を栄養バランスを考えたものにしたりしつつ
リフレクソロジーも試すことで
疲労感を抜くのに役立ってくれるはずです。

 

 

運動不足だと感じる場合には、
軽い運動としてウォーキングやランニングを始めると
一気に疲れが抜けることもあります。

 

 

足の土踏まず付近を強めに
押すだけでもよいですが、
かかとの左右、足の横なども押して
ほぐせるとより効果的です。

 

 

意外と足の甲をグリグリほぐすのも効果的ですが、
強くやりすぎると内出血を起こすこともあるので
自身の手で優しく負荷をかけるように
リフレクソロジーを始めてみてください。

 

 

現代人には癒やしがたくさん必要

 

 

現代人は、とにかくストレスがたまりやすい環境にあり、
農作物も生産過程の影響で
含まれている栄養が減ってきています。

 

 

仕事は増えても、大量生産の野菜や食べ物、
食材の栄養は減っているので、栄養摂取は不足し、
疲れを癒やすだけのエネルギーも足りず、
それでもお腹を満たすために炭水化物でなんとか食いつなぐ、
というような状態だと不健康になるのは当然です。

 

 

あまり激しい運動をしていなくても
1日8時間も強制されて働くというのは
本来の人間の生活スタイルと異なるので、
それだけで十分すぎるほどのストレスです。

 

 

海外では仕事中に息抜きをすることも適度に許されますが、
日本人は無駄に真面目に仕事をしすぎるので
余計にストレスが多い状態になっています。

 

 

そうした社会環境に抵抗するためには、
リフレクソロジーやマッサージなどを自分でできるようにして、
セルフケアをしていくのが最も効果的です。

 

 

お店で施術を受けるのも良いですが、
さすがに毎日リフレクソロジーを受けに行っていては
出費も馬鹿になりません。

 

 

リフレクソロジーで
家族とのスキンシップを取れるようになれば、
家族のすれ違いなども減らせることになって
マイナスになることはないでしょう。

 

 

諒設計アーキテクトラーニング【リフレクソロジー資格】W資格取得講座

 

 

諒設計アーキテクトラーニングのリフレクソロジー資格講座では、
2つの資格を同時に取得できるような内容を学べます。

 

 

6ヶ月の学習期間内に、課題を6つ提出して
試験免除で合格できる79800円のスペシャル講座と、
課題を5つ提出して試験は
個人で受ける59800円の通常の講座があります。

 

 

資格の受験費用は1つあたり10000円で、
59800円の学習だけの講座を受けても、
受験のために2つの資格分の費用合計
20000円がかかるので、
2つの資格を取るつもりなら
最初からスペシャル講座を受けたほうが効率的です。

 

 

受験は在宅で、課題提出も自宅からできるので、
学び終えるのはそれほど難しくはありません。

 

 

最後に提出する卒業課題が終われば、
スペシャル講座は試験免除になるので、
挫折してしまわないか心配な方でも
講座を無事に終えられるはずです。

 

 

リフレクソロジー資格W資格取得講座

 

 

SARAスクールジャパン【リフレクソロジー資格】基本コース・プラチナコース

 

 

SARAスクールジャパンでも
諒設計アーキテクトラーニングの
スペシャル講座に該当する
プラチナコースと呼ばれる講座を受けられます。

 

 

名称は違いますが、
諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座と
SARAスクールジャパンのプラチナコースは
内容、金額、取得できる資格、試験免除の仕組み、
課題提出数などほぼ全て同じです。

 

 

大きな違いは
諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座は
分割払いを選べるという点で、
SARAスクールジャパンは一括でしか支払えないです。

 

 

欠点になるわけではないですが、
分割払いで受講して、月々の負担を減らしたい方は
諒設計アーキテクトラーニングの
講座を受けたほうが良さそうです。

 

 

SARAスクールジャパンでも、
自身のクレジットカードのリボ払いなどを
利用すれば結局分割払いにはできるので、
工夫次第でどちらの講座でも
無理なく学習できます。

 

 

リフレクソロジーjp資格(JAAMP)

 

 

JAAMP主催のリフレクソロジーjp資格では、
リフレクソロジーをセラピーのように活用して、
リフレッシュやストレス解消、
むくみ解消のために応用する
スキルが有ることを示せます。

 

 

リフレクソロジーでは、その名前のごとく、
足の裏にある反射区への刺激で体の関係する部位に
影響を及ぼそうとするもので、
精神的疲労や不安感が強い場合には、
代謝向上に関係する部位、
血流改善に関係する部位、
肩こりや腰痛を減らして
少しでもストレスとなる要因を
減らせるようなマッサージをすることもできます。

 

 

資格を取得していれば、
自信を持って施術できるようになるので
セルフケアでも、講座を持って
指導するのにもおすすめです。

 

 

初心者のままでは最適な部位を刺激できないですが、
慣れていけば自身の体だけでも
きちんとケアできるようになるでしょう。

 

 

リフレクソロジスト資格(JIA)

 

 

JIA主催のリフレクソロジスト資格では、
リフレクソロジーを健康向上、
健康維持のために
人に指導していくスキルがあることを示せます。

 

 

インストラクターとして、生涯学習や教室、
既に請け負っている講座やコースでの追加サービスとして
指導し始めるのにも応用できるでしょう。

 

 

リフレクソロジーは、主に足の裏のマッサージをするような
感覚に近いもので、リフレッシュやリラックスすることを
目的にしています。

 

 

施術と言うほどのものではなく、
セルフマッサージを行うように指導するのが無難です。

 

 

例えば、ヨガやピラティスでポーズを取りながら、
足の裏を触る余裕があればその人自身で足裏を押して、
代謝を高められるようにするなど
合わせて利用するとより魅力的です。

 

 

【口コミ】リフレクソロジーで仕事後のむくみ対策

私がリフレクソロジーを自分でできるようになってからは、
仕事をしたあとのバスタイムだけで
足のむくみを取れるようになりました。

 

 

仕事に疲れて家に帰ってきてから、
ボーッとしながら
湯船に浸かる習慣があるのですが、
その時間にボーッとしたまま
目をつむってでもできる足裏のセルフマッサージで、
かなり足の疲れがスッキリ抜けるようになりました。

 

 

足の裏、土踏まずを主に
マッサージするくらいしかやっていませんでしたが、
親指や小指、指と指の間やかかと近くも
マッサージするとふくらはぎのむくみが
抜けやすくなったように感じました。

 

 

それまで、リフレクソロジーは
プロにやってもらうものという認識がありましたが、
自分で気軽にマッサージできると
リフレクソロジー資格で学んでからは
毎日ケアするようにしています。

 

 

このリフレクソロジー資格を
取得したのがきっかけで、
ふくらはぎやふともものケアもするようになり、
ひとまず足だけはかなりキレイに
ほっそりした状態を維持できるようになりました。

 

 

体感でしかないですが、毎日足取りが軽く、
少し疲れが溜まりにくくなったように感じています。

 

むくみ、ふくらはぎがパンパンで
疲れが抜けていないと感じる場合は、
意外と簡単なリフレクソロジーで
解消できるかもしれないので、
是非試してみてください。

 

【口コミ】赤ちゃんや夫の健康ケアにもおすすめ

我が家では私と夫と
生まれて半年くらいの赤ちゃんがおり、
今は赤ちゃん中心の生活で
まだまだ余裕が無いですが、
お互いにスキンシップがとれているので
すれ違いもなく
平和に穏やかに生活できています。

 

 

主に取得していた
リフレクソロジー資格を生かして、
夫の疲れた仕事終わりの体を
マッサージしています。

 

 

そのマッサージの最中に、
仕事の愚痴や子どもの成長の様子、
趣味の話などをお互いにできるので、
うまい具合に
すれ違わずにやっていけています。

 

 

もちろん、赤ちゃんの健康ケアも
主婦である私が気をつけており、
赤ちゃんの活動が活発になってきているので、
早く成長してほしいという
思いを込めて手をもんだり、
足をもんだりして愛でています。

 

 

まだぷくぷくの体で
マッサージになっているのかは
分かりませんが、
赤ちゃんは嬉しそうにするので、
きっとスキンシップに
なっていると思います。

 

 

リフレクソロジー資格がなくても
マッサージに似たことは
できると思いますが、
資格を持っているという
自信があったために、
体の疲労が
足のどこに出るか分かり、
内臓系が悪いのか、
肩が悪いのか、
腰が悪いのか
なんとなく把握できて、
その後の食生活や
健康管理にも生かせています。

 

 

家族全員、リフレクソロジー、
足裏、足つぼをチェックして
健康管理しているので、
やたらと痛い場所があれば、
早めに食事や生活改善で
不健康になる可能性を
事前に排除しています。

 

 

page top