リフレクソロジー資格の詳細まとめ

体調管理への役立て方記事一覧

未病はリフレクソロジーで軽減できる?

未病とは未病とは、古代の中国医学である中医学やその他の多くの東洋医学で出てくる概念で、病気に至る前段階の症状を指しています。未病は「病気に向かっている」状態全般のことで、あらゆる体調不良を含有しています。例えば胃腸が重い・痛む、疲れを感じやすい、体が冷えている、寝つきが悪い、肩こり・腰痛がある、食欲がないといった症状です。西洋医学では、これらが病気と判断されることはなく、あくまで休息を取るように勧...

血行不良はリフレクソロジーで軽減できる?

リフレクソロジーで血行改善できる理由リフレクソロジーでは、末端組織である足の裏や手のひらを刺激することで冷え性やうっ血を防ぐ効果があります。足、特にふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれることからも分かるように、下半身の血行は全身の健康維持に不可欠な影響を及ぼしています。リフレクソロジーが施術するのは主に足の裏やふくらはぎです。この末端組織の血行を改善し、血液やリンパ液の流れを改善することで、全身の血...

疲労回復はリフレクソロジーでできる?

疲労に向き合うリフレクソロジーは、疲労回復にも一定の効果を発揮します。疲労には種類があることをご存知でしょうか?肉体疲労と精神疲労です。文字通り、運動や肉体労働によって体が疲れるので肉体疲労であり、勉強や頭脳労働で頭を使うことによって、あるいはストレスや心配事で疲れるのが精神疲労です。このように分けられるものの、この二つは関連した仕組みを持っています。なぜなら、体を動かす際も何かを考える際も常に脳...

リフレクソロジーはダイエットやリハビリに使える?

ダイエットに必要な要素リフレクソロジーはダイエットにも効果的です。数えきれないほどの方法が考案されているダイエットですが、基本的には「余計なエネルギーを摂取せず、溜めているものを使う」のがダイエットです。今溜まっている脂肪を燃やさなければ、どんなにカロリーの少ないものを食べたとしてもなかなか効果が表れません。そのため、脂肪を燃やし消費するメカニズムが重要になります。筋肉量を増やす、有酸素運動で脂肪...

リフレクソロジー的な足湯や入浴方法

リフレクソロジーと入浴リフレクソロジーと入浴を組み合わせると、さらなら相乗効果が期待できます。最も理想的なのは「入浴後」のリフレクソロジーでしょう。入浴によって体が温まり、柔軟性を取り戻した状態で施術を受けることで、施術による揉み返しや不必要な痛みを抑えられる可能性があります。入浴前は体が硬くなっているものです。日ごろから柔軟体操をされている方ならいざ知らず、ほとんどの方は体が硬くなっていると感じ...

page top