未病はリフレクソロジーで軽減できる?

未病はリフレクソロジーで軽減できる?

未病とは

未病はリフレクソロジーで軽減できる?

 

 

未病とは、古代の中国医学である中医学や
その他の多くの東洋医学で出てくる概念で、
病気に至る前段階の症状を指しています。

 

 

未病は「病気に向かっている」状態全般のことで、
あらゆる体調不良を含有しています。

 

 

例えば胃腸が重い・痛む、疲れを感じやすい、
体が冷えている、寝つきが悪い、
肩こり・腰痛がある、食欲がないといった症状です。

 

 

西洋医学では、これらが病気と判断されることはなく、
あくまで休息を取るように勧められる程度の
問題に過ぎませんが、中医学や東洋医学では
これらも治療の対象として捉え、
未病を「治す」ための
様々な治療法が考案されてきました。

 

 

漢方医学やタイの伝統医学などはこれに当たり、
様々な体調不良を治すための薬や
健康法の理論で溢れています。

 

 

加えて、自然治癒力を回復することで
症状を改善し、局地的な治療ではなく
体の機能全体を強めることも
大きな違いです。

 

 

リフレクソロジーはなぜ未病に効果的か

リフレクソロジーはまさに
この未病の治療に当たる民間療法です。

 

 

リフレクソロジーで何かの疾病が
みるみる完治していくということは
ありません。

 

 

リフレクソロジーでは、足の裏や手のひらなど
体の末端組織を的確に刺激することで、
対応する各器官に健康的な刺激を“反射”させ、
一定の健康効果や機能回復を
得るのが狙いです。

 

 

主な効果としては、
血液やリンパ液の流れを
改善することが挙げられます。

 

 

末端組織からしっかりと
血液やリンパ液を押し返し、
体の隅々まで十分に酸素や養分が
行きわたるように施術します。

 

 

これにより全身を巡る血液が
本来の機能を果たし、
内臓の機能が強められます。

 

 

体のメンテナンスを司る内臓が
強くなることで、体が生まれながらに持つ
免疫や回復力も強くなり、
結果として健康の回復や
恒常性の維持といった効果が得られるのです。

 

 

リフレクソロジーで改善が期待できる症状

以上のような理由で、リフレクソロジーでは
次のような症状を改善する効果が
期待できます。

 

 

 リフレクソロジーで改善が期待できる症状とは?
  • 冷え性、特に慢性的な冷え性や体調不良・足や顔のむくみ、水分の代謝不足による体のだるさや重さ・代謝悪化による肥満、やせ・風邪をひきやすく、ちょっとした腹痛や下痢などの体調不調が多いリフレクソロジーを受けると、次のような効果が期待できます。
  • 体温上昇、体がポカポカする、一時的に熱を感じる・循環器系や消化器系が働くことで、食欲が増える、あるいは減る(コントロールされることで落ち着く)
  • 血行促進による肌質の改善、あるいは毒素排出による一時的な肌荒れリフレクソロジーは、体の不調を整える民間療法で、未病の改善や回復に効果的です。

page top