リフレクソロジーを仕事にする方法や接客方法

リフレクソロジーを仕事にする方法や接客方法

リフレクソロジーの求人

リフレクソロジーを仕事にする方法や接客方法

 

 

リフレクソロジストとして募集している
求人を見てみましょう。

 

 

リフレクソロジストの求人、
リフレクソロジーサロンの求人は
驚くほど多くあります。

 

 

現代社会がストレス社会になるにつれて、
リフレクソロジーのようなリラクゼーションや
トリートメントの需要が増えてきています。

 

 

厳密には、
リフレクソロジストとして働くのに
資格は必要ありません。

 

 

日本ではリフレクソロジーに関する法律がなく、
国家資格を取るよう
義務付ける法規制もないからです。

 

 

そのため、もしリフレクソロジーに興味があり
近くにリフレクソロジーサロンなどが
あるのであれば、まずは求人の内容について
尋ねてみるのも良いでしょう。

 

 

場所によっては
未経験でも問わないところもあり、
入店までに基礎が出来るよう
研修制度を設けているところがほとんどです。

 

 

仕事としてのリフレクソロジー

求人の内容は様々です。

 

 

フルタイムで正社員扱いでの求人もあれば、
時給制のアルバイトで
募集しているところもあります。

 

 

時給プラス指名料での給料制
になっているところもあります。

 

 

トリートメントやリラクゼーションの
施術の場合、腕が良ければ
お客様に指名されることもあります。

 

 

時給や給料以上に稼ぐチャンスなので、
そういった意味でも
やりがいのある仕事です。

 

 

もちろん、自分でリフレクソロジーサロンを
開業することも可能です。

 

 

ある程度のノウハウやマーケティングの経験、
顧客や人脈ができたとすれば
開業することを考えても良いでしょう。

 

 

お店の経営は簡単ではありませんが、
立地をしっかりと調査し
良い場所に出すことが重要です。

 

 

いくつかの通信講座では、
自分でお店を出す際の
基本的なノウハウを教えているものもあり、
そういったサービスを
上手に活用することで
幅広い知識を身に付けることが可能です。

 

 

自然でリラックス出来る接客を

リフレクソロジーはサービス業です。

 

 

施術の技術も確かに大切で、
それ抜きに成り立つ商売ではありませんが、
しっかりと目を見て会話する、
いつも満面の笑みでいる必要はないものの、
自然な笑顔ともてなしの精神を示すなどの
基礎が出来ている必要があります。

 

 

無理のない会話や関心を示すことで、
お客様に居心地がいい
と感じてもらうことも仕事の一部です。

 

 

信頼できると思えるのは、
自信があり自然にハキハキと
動ける人ではないでしょうか。

 

 

経験を積む必要もあるため
ある程度は時間を要するものの、
自然な会話やスムーズな手つきができるように
仕事に打ち込みましょう。

 

 

慣れてくれば、お客様を癒し
リラックスさせるリフレクソロジーの仕事を
きっと気に入るはずです。

page top