リフレクソロジー・マッサージに関する法律と注意点

リフレクソロジー・マッサージに関する法律と注意点

日本におけるマッサージ

リフレクソロジー・マッサージに関する法律と注意点

 

 

現在、日本では国家資格を持った方のみが
マッサージを提供することを許可されています。

 

 

厚生労働省は、マッサージとは
「施術者の体重をかけて対象者が
痛みを感じる相当程度の
強さをもって行うなど、
あん摩マッサージ指圧師が行わなければ、
人体に危害を及ぼし、
又は及ぼすおそれのある行為」
という風に見解示しています。

 

 

つまりマッサージは
医療類似行為にあたり、
健康に著しい影響を与え得る行為
と定義されています。

 

 

そのような行為は
法律で取り締まられ、
民間医療での無用な事故や
障害の発生を抑制する必要があります。

 

 

そのため、日本では
「柔道整復師」「あん摩マッサージ師」「指圧師」
などの国家資格取得者でなければ、
施術を施すことも“マッサージ”と
名乗ることも許可されていないのです。

 

 

現在の法律ではカバーしきれていない現状

この点で、リフレクソロジーは
トリートメントやリラクゼーションに当たる
とするのが今のところの判断のようです。

 

 

リフレクソロジーとマッサージ、
リラクゼーションとマッサージは
何が違うのかと言われると、
明確な定義の違いを挙げるのは
難しいのも事実です。

 

 

極論的には、世界中で生まれ
発展してきた健康法や民間医療を、
日本の法律や価値観だけで
規制・管理するのには限界があります。

 

 

日本で法規制が行われているのは、
前述のように科学的・医学的根拠のない
治療法などが出回ったり、
自称セラピストなどの無免許の者が
施術を行って事故やケガなどを
招かないようにするためで、
医療保険が適用されないとなると
なおさらその規制のメリットが際立ちます。

 

 

しかしこの法律の内容が
追い付いていないのが現状で、
明確に無資格で大々的に宣伝するなどの行為は
取り締まられるものの、
それ以外は黙認されている状態にあります。

 

 

ここは一刻も早い
法整備が望まれるところであり、
現場の混乱や曖昧な理解が
整理される必要があります。

 

 

リフレクソロジーの立ち位置

厚生労働省は、「都道府県等関係機関と連携して、
無資格者によるあん摩マッサージ指圧業等
の防止に努めている」
としています。
(公式ホームページ)

 

 

宣伝や広告の中に
“マッサージ”や“治療”の文句を入れたり、
実際にそのような施術を行うことには、
あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、
はり師、きゅう師の
国家資格取得者でなければなりません。

 

 

しかし、リフレクソロジーをはじめとする
リラクゼーションやトリートメントを望む方もまた
大勢いらっしゃいます。

 

 

そのためそのような法律に
違反する表記を行わず、
あくまでリラクゼーションに努めるのが
現在のリフレクソロジーが置かれた
状況であると言えます。

page top