リフレクソロジー資格の詳細まとめ

リフレクソロジー基礎知識記事一覧

リフレクソロジーでできることと健康作用

疲労回復効果リフレクソロジーで出来るのは、疲労回復や免疫機能の強化、循環器系の機能回復、臓器の恒常性の維持などです。リフレクソロジーでは、副交感神経を刺激する優しいトリートメントによって体の緊張をほぐし、体の疲労を和らげていきます。体は、一度緊張状態に入るとなかなか切り替えられないもので、特にストレスやプレッシャーの多い現代社会では、体が寝ても覚めても緊張した状態になってしまいがちです。これをリフ...

リフレクソロジーの基本の考え方と施術

リフレクソロジーのコンセプトリフレクソロジーでは「足の裏などの末端組織には、人の全身が対応するように投影されている」というコンセプトに成り立っています。対応する箇所に刺激を与えることで、反射(=リフレックス)するように健康効果が及ぶとしています。リフレクソロジーの歴史は長いものの、現代的な型が生まれたのは20世紀のアメリカで、ウィリアム・フィッツジェラルドという医師が手術中の患者の反応に興味を持つ...

リフレクソロジーの歴史と国ごとの施術の違い

リフレクソロジーの生まれリフレクソロジーの現代的な歴史は、1900年代アメリカのある医師の観察から始まりますが、期限は数千年前の古代エジプトとも中国とも言われています。しかしそういった健康法はあらゆる民間療法の起源とも考えられるため、幾分眉唾物でもあります。いずれにしても、リフレクソロジーはアメリカ人の耳鼻咽喉科医であるウィリアム・フィッツジェラルドが、手術中の患者が手足をベッドの枠に押し当てる様...

リフレクソロジーは足つぼマッサージと違うの?

リフレクソロジーの特徴リフレクソロジーの違いは、施術の対象となる部位をどのように捉えるかという点で異なります。リフレクソロジーは、「反射区」と呼ばれる刺激を加える部位を“面”で捉え、対象となる面全体を刺激することで一定の健康効果を得ようとします。この施術範囲は「ゾーン」と呼ばれ、広範囲に刺激を加えるのが特徴です。足の裏を対応する器官別に色分けしたチャートを見ると分かりますが、刺激する部位は様々な面...

足の裏のツボの場所と作用する体の部位

頭に効くツボ足ツボは、刺激することである種の症状を改善したり緩和する健康法です。例えば頭痛や精神疲労、ストレスには親指の腹を刺激します。ここは「脳(特に脳下垂体)」とつながっており、脳のストレス解放やリラックス効果、痛みを除くといった効果があるとされています。両手の親指で押したり撫でたりし、痛みを感じるか試してみましょう。硬く感じ痛みも発生する場合、頭が疲れていたり負荷を受けている状態が考えられま...

英国式リフレクソロジーとは?

英国でのリフレクソロジー英国式リフレクソロジーとは、アメリカで発祥した後イギリスに伝わった、ほとんどオリジナルのままのリフレクソロジーです。実は、イギリス流の特別な治療法や施術があるわけではなく、ヨーロッパやアジアに広まる重要な拠点となったのがイギリスで、そのイメージから英国式と呼ばれています。そもそものリフレクソロジーは、アメリカで1917年に「ゾーン・セラピー」という本が出版されるところから始...

台湾式リフレクソロジーとは?

台湾式のリフレクソロジーとは台湾式のリフレクソロジーは、同じリフレクソロジーでありながら特徴的な施術で有名です。1970年に台湾を訪れたスイス人宣教師ジョセフ・オイゲスターがリフレクソロジーを伝えたとされています。台湾では、既に東洋医学に基づいた独自の健康法がありました。リフレクソロジーはまさに欧米式のマッサージですが、台湾に伝えられることで独自の変化を遂げたようです。アメリカ発祥のリフレクソロジ...

中国式リフレクソロジーとは?

中国式リフレクソロジーとは中国式リフレクソロジーは、中医学に代表されるような予防医学としての側面を持つリフレクソロジーです。台湾式と似たような特徴を持ち、関節や棒などを使用して強い刺激を与える施術が特徴です。台湾式よりも強い刺激を与える場合があり、激しい痛みを伴うため苦手な方には不向きなリフレクソロジーです。「中国式足底療法」「足ツボマッサージ」などとも表記され、現地の民間療法などとの区別が難しい...

足裏にある反射弓とは?

反射弓とは「反射弓(はんしゃきゅう)」とは、反射の起こる経路のことです。ご存知のように、反射とは大脳を介さずに発生する無意識の行動や反応のことで、脊髄が関係した反応です。通常、人の行動は大脳が処理した物理計算によって発生します。しかし特定の刺激が加わると、運動信号が脳に至ることなく脊髄にある反射中枢で跳ね返り、それが手足や筋肉の運動としてフィードバックされます。代表的なのは、膝蓋腱を叩くと下腿が跳...

page top