リフレクソロジーの基本の考え方と施術

リフレクソロジーの基本の考え方と施術

リフレクソロジーのコンセプト

リフレクソロジーの基本の考え方と施術

 

 

リフレクソロジーでは
「足の裏などの末端組織には、
人の全身が対応するように投影されている」
というコンセプトに成り立っています。

 

 

対応する箇所に刺激を与えることで、
反射(=リフレックス)するように
健康効果が及ぶとしています。

 

 

リフレクソロジーの歴史は長いものの、
現代的な型が生まれたのは20世紀のアメリカで、
ウィリアム・フィッツジェラルドという医師が
手術中の患者の反応に
興味を持つことから始まります。

 

 

それらの行動を医学的に研究した結果、
手や足を刺激することで
痛みを和らげる効果がある
という結論に至ります。

 

 

これにより、手足を対応する箇所別に
刺激を加えることが
リフレクソロジーの基本です。

 

 

加える刺激は、基本的に
痛みのある強いものではありません。
(台湾式は痛みを伴う)

 

 

優しく撫でるような
トリートメントで
刺激を加えていきます。

 

 

施術で刺激する部位

リフレクソロジーで施術するのは、
主に足の裏と手のひらです。

 

 

例えば、足の親指の裏は
「脳下垂体」に作用します。

 

 

人差し指と中指の間、
1センチほどの下の場所は「目」、
小指の下2センチほどの範囲は「肩」、
その横の足の裏中央部の
少し外側寄りに部分は「肺」、土ふまずは「胃」
そのすぐ下は「腎臓」と「副腎」
といった具合に、対応する箇所が
すべて決められています。

 

 

かかとに近い部分は「小腸」や「膀胱」で、
水分の代謝に大きく影響します。

 

 

手のひらを見ると、親指下の
膨らんでいる部位は
「胃」や「腸」の反射区、
その中心部は「腎臓」、
指は「頭」全般で睡眠不足や片頭痛に作用し、
親指に沿う手のラインは「脊椎」に、
小指の下に沿った範囲は
「肩」に効果があります。

 

 

手の甲の人差し指と中指の間は
「目」の疲労回復や
機能回復に作用します。

 

 

これらが地図のように
図で示されており、
対応する部位を刺激していきます。

 

 

実際の施術は?

足の裏でも手のひらでも、
リフレクソロジーの施術は
力任せに揉み込むような施術は行いません。

 

 

触っていて心地よく、
気持ちいいなと思える加減で
優しく押します。

 

 

まずは痛みを感じないことを
目安に施術します。

 

 

体重は適度にかけ、指の力だけで
押し込まないようにします。

 

 

ツボ押しとは違い、
“面”を刺激するように
押さえていきます。

 

 

面で捉える施術であるため、
包むような仕方で
温めながら施術します。

 

 

これがリフレクソロジーで、
反射区を知ることで
一人でも実践できる健康法です。

 

 

台湾式のリフレクソロジーは
強い痛みを加えるのが特徴ですが、
体に負担をかけたくない場合は
より優しく温めるように
施術すると良いでしょう。

page top