中国式リフレクソロジーとは?

中国式リフレクソロジーとは?

中国式リフレクソロジーとは

中国式リフレクソロジーとは?

 

 

中国式リフレクソロジーは、
中医学に代表されるような
予防医学としての側面を持つ
リフレクソロジーです。

 

 

台湾式と似たような特徴を持ち、
関節や棒などを使用して
強い刺激を与える施術が特徴です。

 

 

台湾式よりも強い刺激を与える場合があり、
激しい痛みを伴うため
苦手な方には不向きなリフレクソロジーです。

 

 

「中国式足底療法」「足ツボマッサージ」
などとも表記され、
現地の民間療法などとの区別が難しい
という特徴も挙げられます。

 

 

施術範囲は足のみの場合が多く、
足の裏はもちろん指やふくらはぎ、
ひざ裏まで施術の対象になるケースがあります。

 

 

施術に慣れたり体調不良が改善されると
施術時の痛みが和らぐこともあります。

 

 

「痛みがあるのは体調が悪い証拠」とされる
東洋医学的なコンセプトがあるため、
特に本場中国では、施術時の激しい刺激が
加減されることはありません。

 

 

施術の特徴

中国式リフレクソロジーでも、
足という末端組織を刺激することで
全身への健康効果を与えるのが
目的であることに変わりはありません。

 

 

心臓から離れており、かつ直立時には
全体重がかかる負荷を受け続けるため、
足のメンテナンスは非常に重要です。

 

 

足から血液を強力に押し戻すことによって、
心臓へ向かう血流が活発になり、
全身の血行促進や正常化が期待できます。

 

 

足の裏の「反射区」を刺激することで得られる効果は、
血液循環を正常化するだけではありません。

 

 

反射する各器官に影響を与えることで、
機能の回復や恒常性の維持を狙います。

 

 

中国式リフレクソロジーでは
70箇所に及ぶ反射区を駆使して内臓を刺激し、
必要な施術を施していきます。

 

 

セラピストは、両手の指の間隔を敏感にして
異常や体調不良を探り、
わずかな隆起や硬化した部位を見逃しません。

 

 

そういった症状からどんな施術が今
必要としているかを調べていきます。

 

 

東洋医学の影響が濃い中国式リフレクソロジー

台湾式やタイ式などとも
密接に関連した施術法が見られます。

 

 

タイ式は施術の柔らかさ、
中国式ほどではない
刺激の強さで見分けられるものの、
特に台湾式とは
違いが分からないこともあります。

 

 

これは東洋医学全体の類似性や
規模の大きさなどとも関連しており、
厳密に分類するのが難しいのが現状です。

 

 

いずれにしても、痛みと
足全体を範囲とするのが特徴である
中国式リフレクソロジーは、
長い歴史を誇る民間医療であり、
その効果性や安全性から
幅広い地域や年齢層の人気を獲得しています。

 

 

中国式リフレクソロジーを
専門に学ぶ講座や学校も沢山あり、
規模の大きさにも驚かされます。

page top