足の裏のツボの場所と作用する体の部位

足の裏のツボの場所と作用する体の部位

頭に効くツボ

足の裏のツボの場所と作用する体の部位

 

 

足ツボは、刺激することで
ある種の症状を改善したり
緩和する健康法です。

 

 

例えば頭痛や精神疲労、
ストレスには親指の腹を刺激します。

 

 

ここは「脳(特に脳下垂体)」とつながっており、
脳のストレス解放やリラックス効果、
痛みを除くといった効果があるとされています。

 

 

両手の親指で押したり撫でたりし、
痛みを感じるか試してみましょう。

 

 

硬く感じ痛みも発生する場合、
頭が疲れていたり
負荷を受けている状態が考えられます。

 

 

そこより少し親指の付け根の方に行くと、
頭部全体を刺激するツボがあります。

 

 

ここも合わせてマッサージすると
より効果的です。

 

 

親指の内側は「側頭部」に作用します。

 

 

頭痛を側頭部に感じる場合は、
この親指内側を刺激すると良いでしょう。

 

 

目や肩に効くツボ

「目」の疲れには人差し指と
中指付け根のツボが効果的です。

 

 

オフィスワークに従事する方や
電子機器の使用で、目の疲れを感じる方が
非常に増えています。

 

 

ここを押してみて
痛みを感じるようであれば、
想像以上に目が疲労を
溜め込んでいることも考えられます。

 

 

右足が左目、左足が右目に作用するため、
逆の足を押さないように注意しましょう。

 

 

その付け根を広く横たわるように
存在するのが「肩」のツボです。

 

 

親指の付け根から
小指の付け根までラインを引くように
横たわっているこのツボは、
肩こりや首のこり、それに起因する
頭痛緩和などに効果的です。

 

 

親指から小指の方向に向かって
刺激しましょう。

 

 

体が硬い人は、ゴルフボールや
テニスボールを足で転がす方法
でも構いません。

 

 

万能の湧泉(ゆうせん)

足には、様々な体調不良を解消する
万能のツボがあります。

 

 

足の指をぐっと内側に曲げた際に出来る、
足の裏中央部のくぼみに位置する
「湧泉(ゆうせん)」です。

 

 

湧泉は、不眠やストレス、疲労感、めまい、
むくみ、頭痛、消化不良やだるさなど
不調や疲れをかなり広範囲にわたって
解消するとされるツボです。

 

 

ここを両手の親指で
押し込むように刺激してください。

 

 

もし皮膚の戻りが遅かったり
戻らなかったりする場合は、
体全体の疲れが溜まっているか、
精神的にエネルギー不足
となっている場合があります。

 

 

湧泉の刺激を続けると共に、
休息やリフレッシュの時間を取って
養生に努めてください。

 

 

以上が代表的な足ツボの場所とその効果です。

 

 

足ツボは、リフレクソロジーと起源を共にする
世界を代表する健康法です。

 

 

民間療法として主に
東南アジアで親しまれており、
一部の国では正式な医療として
取り入れられてもいます。

 

 

気軽にできるのが最大の魅力でもあり、
ちょっとした空き時間に
ぜひ取り組んでみることをおすすめします。

page top