台湾式リフレクソロジーとは?

台湾式リフレクソロジーとは?

台湾式のリフレクソロジーとは

台湾式リフレクソロジーとは?

 

 

台湾式のリフレクソロジーは、
同じリフレクソロジーでありながら
特徴的な施術で有名です。

 

 

1970年に台湾を訪れたスイス人宣教師
ジョセフ・オイゲスターが
リフレクソロジーを伝えたとされています。

 

 

台湾では、既に東洋医学に基づいた
独自の健康法がありました。

 

 

リフレクソロジーはまさに
欧米式のマッサージですが、
台湾に伝えられることで
独自の変化を遂げたようです。

 

 

アメリカ発祥のリフレクソロジーは、
主に手術中の患者の負担を
減らすことなどを目的に開発された健康法です。

 

 

しかし台湾に伝わることで、
体調不良を改善するための健康法として
成長を遂げました。

 

 

これが台湾式を大きく
特徴づけるものとなっており、
東洋医学のツボの概念を取り入れ、
強く押し込むように施術していきます。

 

 

オイルを使って撫でるように
トリートメントする
英国式リフレクソロジーとは違い、
激しい痛みを伴う場合があります。

 

 

慣れていない方は声を上げるほどですが、
体調改善や慣れるにつれて和らいでいきます。

 

 

施術方法

台湾式ではまれに
棒などの道具を使う場合もありますが、
基本的には手のみで施術していきます。

 

 

リフレクソロジーの基本である
反射区の捉え方も違い、
実に83箇所にも及ぶ刺激ポイントを使いこなし、
対応する各臓器や部位へ効果を与えていきます。

 

 

アプローチの方法は英国式と異なっており、
痛みを生じさせることは
むしろ体調不良の発見と
同義ですらあります。

 

 

痛みはストレスの元として、
可能な限り優しくゆったりとした
トリートメントを施す英国式とは違います。

 

 

しかし得られる効果は
同じと考えても問題ありません。

 

 

台湾式もやはり健康の改善や
体の正常化を目的としており、
痛みやしこりがなくなることが
施術の最終的な目的だからです。

 

 

痛みを我慢できなければ加減してもらおう

施術中、あまりにも痛みが激しい場合は、
セラピストに加減してもらうように
頼みましょう。

 

 

それほど台湾式のリフレクソロジーは強力で、
強い刺激を加えるものだからです。

 

 

摩擦が強く、皮も一枚向けるのではないか
と思うような施術を行うサロンもあります。

 

 

本場台湾式でのリフレクソロジーは
さらに強力です。

 

 

痛みに耐えられると、
ゴリゴリと何かが動く感触を
本人も感じられるほど
強い施術を行っていることが分かるでしょう。

 

 

東洋医学には痛いほど健康に良い
という考え方が根付いているようで、
我慢するあまり
涙を流す方もいらっしゃいます。

 

 

これも治療の一つとして捉える
東洋医学ならではの施術法です。

 


いずれにしても、台湾式リフレクソロジーは
全身の血行を刺激し
老廃物排出に効果的です。

page top